不動産投資をサポートしてもらう|シーエフネッツで安定経営

メンズ

制度の概要と選び方

男女

貸主の業者選び

家賃債務保証は、一般的に家を借りようとする借主が利用するものです。これは家を借りる際に、高齢者・障害者・外国人や身内がいない人などで、連帯保証人がいない場合、この制度を利用して家を借りるものです。審査はありますが家を借りる際に一定の保証料を払う事で、利用できます。また貸主側としても、入居者が家賃を滞納したり払わなかった場合に、この家賃債務保証制度の利用で、家賃債務保証の会社から家賃等を受け取る事が出来るので、メリットが大きいといえます。ではこの家賃債務保証の業者はどのように選べばよいのでしょうか。現在、この取扱をしている業者は48社以上に上ります。通常は貸主がこの業務をどの業者にお願いするかを選択しますので、借主にはその選択権はありません。貸主は主に下記の理由から業者選択を行っています。まずは、家賃債務保証の取り扱い実績です。48社のうち、上位4社で業界の取扱高の約50%近くを占めています。やはり取り扱い実績の高い会社であれば、安心してお願いできる部分もあります。次に他社との違いを打ち出している会社です。業者によってはクレジットカードの決済サービスを利用するなど、独自性を打ち出している会社もあります。家賃債務保証会社は最終的に借主が家賃を滞納するなどした場合に、その取り立てを行います。この場合に、どのような取り立てをしているのか、法律に違反していないかなどの点も注意深く確認しておく必要があります。このような場合には利用した方の口コミなどが重要です。以上の通り家賃債務保証を扱い業者は多岐にわたりますので、まずは情報収集し、しっかり比較検討する事が重要です。